佐渡祭譚

佐渡の祭りを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

踏んだり蹴ったり

先日の

それはそれは

寒い日のこと


ある寄り合いがあった



送迎の車は

会場がしてくれることなっており

5時半に出発との連絡がはいった



この寄り合いのメンバー

出発10分前の集合が当たり前

私もそれに習い10分前に行くと

案の定ほとんどの人が来ていた



この時点で

迎えの車がまだ来ていなかったので

少しおかしいと思っていたが



これがこれから始まる悲劇の

序章とは知るすべもなかった!!



出発5分前には全員集まっていた



だがまだ車が来ない


もうすぐ来るはず

と信じ


極寒の中震えながら全員が待った


5時

35分

40分

45分

になっても来ない




会議は6時から

もう間に合わない




いくら何でもおかしい



痺れをきらして電話をかけると


なんと

運転手が忘れていたのだ



皆で極寒の中

30分も待っていたので


車が来たときには

すっかり体は冷え切っていた




自分の車で来ていた人もいて

我々が到着するのを

遅し待っていた



すぐに会議が始まり


8時頃に終わった



暖房のおかげで

足先を除いて

だいぶ暖かさが戻っていた



さて

これから別室で宴席



料理や飲み物が用意してある

部屋に案内され入った




さっ寒い!!


なっ何だこの部屋は?


この極寒の日に


暖房が入っていない



すると

従業員が悪びれる様子もなく

当たり前のように


ここにはお刺身が用意してあるので

暖房を切っていたんです



なっ何を考えているのだこの会場は?



ここでは

人より刺身を大切にするのか?



部屋を暖めておいて

始まる少し前に用意すればいいのではないのか?



こんな寒い思いをするくらいなら

刺身はいらない

煮魚でも

焼き魚でも何でもいい



ほとんど外と変わらないような

部屋の呑み会



全員がふるえていた


唯一


燗酒だけは暖かかった
  1. 2010/02/22(月) 07:42:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<はまっているもの | ホーム | 道場開き>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sadomaturitan.blog37.fc2.com/tb.php/228-1a01096c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (392)
4月の祭り (80)
5月の祭り (13)
6月の祭り (37)
7月の祭り (7)
8月の祭り (13)
9月の祭り (28)
10月の祭り (46)
11月の祭り (4)
人形 (4)
春日鬼組 (5)
お知らせ (4)
鬼太鼓 (4)
アイランドフェスタ佐渡 (9)
番長の神社探索 (5)
鬼太鼓の伝播を探る (22)
佐渡弁 (4)
関の太鼓 (32)
これどこの祭り (9)
これど~こだ? (3)
答え編 (5)
散歩 (6)
祭りの木 (3)

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

maturitan

Author:maturitan
住所 佐渡市春日
名前 松田祐樹
趣味 祭りを見歩くこと
目標 佐渡の太鼓を全部叩けるようになること

このブログでは事前に佐渡で行われる祭りの情報をお知らせしたいと思います。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。