佐渡祭譚

佐渡の祭りを紹介

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

七夕祭り・川開き

八月七、八日の二日間、両津地区の市街地で行われる「七夕まつり・川開き」は、鼓笛隊や子ども山車パレードなど多くの催しでにぎわうが、もともとは七夕まつりとして、ささに短冊、麦わらの舟を担いで歩く子供たちだけの祭りだった。
 七夕まつり・川開きが現在のように盛大になったきっかけは、明治三十一(一八九八)年七月七日に、外国貿易港が佐渡と大阪を加えた七港になったことだった。
 七港になったことを祝い「七港祭」として七夕に大人の手が加えられるようになり、明治四十年に両津七夕まつりが始まった。昭和十一年には七夕祭りの翌日に川開きが加えられ、現在の「七夕まつり・川開き」として二日間行われるようになった。
 潟上流鬼太鼓を継承する両津夷の夷七ノ町鬼太鼓組は、昭和八年から子ども鬼太鼓を結成して祭りに参加するようになった。七夕まつりが子どもの祭りという本来の姿を踏まえたもので、子ども鬼太鼓を始めるために面や衣装など様々なものをそろえた。
 中でも目を引くのが「やま」と呼ばれる太鼓をつけた山車である。その前で鬼太鼓を舞うのだが、七夕まつりのために作ったその山車は、子どもの背丈でも太鼓に手が届くように配慮されており、鬼太鼓の山車としては島内で唯一、二階建てだ。
 両津夷では、六月十六日の諏方神社の例祭「夷祭り」と、八月七、八日の「七夕まつり・川開き」に鬼太鼓を行っているのだが、祭りによって二基あるやまを使い分けている。夷祭りで使うやまは一階建てで「一のやま」、七夕まつり・川開きのものは「二のやま」と呼んでいる。
 小さな子どもでも鬼太鼓ができるようにと、舞い方も伝統的な舞いを基本に工夫して簡単に短くした。「男鬼」「男女鬼」「女鬼」の三種類のうち、男鬼が子ども用の舞を指す。
 子どもの鬼太鼓の稽古は、現在両津夷の加茂湖側の通りにある「下町大神宮」という小さな神社で行われている。両津夷の鬼太鼓は夷祭りに始まったように思われがちだが、実は明治の初めごろ、地元で「でぇじくさん」と呼ばれたこの下町大神宮の九月十六日の例祭で舞われたのが起源といわれている。子どものころ夷に住んでいた私もでぇじくさんで鬼太鼓を習い覚えた一人で、私の祭り好きはここから始まったのかも知れない。

『祭りを歩く』より


でこれが

昭和21年戦後間もない

七夕祭りでの鬼太鼓の写真

昭和21年頃川開き7.7.8


そしてこれが

昨年の8月8日の写真

二のやま


8月7・8日

二のやまを見ることができます






  1. 2009/08/05(水) 07:38:36|
  2. 8月の祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<説経人形 | ホーム | 第22回佐渡人形芝居発表会のご報告>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sadomaturitan.blog37.fc2.com/tb.php/91-59748a0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (392)
4月の祭り (80)
5月の祭り (13)
6月の祭り (37)
7月の祭り (7)
8月の祭り (13)
9月の祭り (28)
10月の祭り (46)
11月の祭り (4)
人形 (4)
春日鬼組 (5)
お知らせ (4)
鬼太鼓 (4)
アイランドフェスタ佐渡 (9)
番長の神社探索 (5)
鬼太鼓の伝播を探る (22)
佐渡弁 (4)
関の太鼓 (32)
これどこの祭り (9)
これど~こだ? (3)
答え編 (5)
散歩 (6)
祭りの木 (3)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

maturitan

Author:maturitan
住所 佐渡市春日
名前 松田祐樹
趣味 祭りを見歩くこと
目標 佐渡の太鼓を全部叩けるようになること

このブログでは事前に佐渡で行われる祭りの情報をお知らせしたいと思います。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。